お薬について

August 9, 2019

お薬について

 

 夏真っ盛り

湿度も高く、熱中症等体調を崩す方も多いでしょう。

水分、塩分摂取に気を使ってください。

 

今回はお薬についてです。

 

 医学の進歩とともに、いろいろな薬が開発され一般的にも

高価な新薬が使われるようになりました。

作用のあるものには必ず、反作用があります。

薬で言えば、副作用ですね。

家庭薬の頭痛薬を飲めば、胃が荒れます。

鎮静剤には、腎臓障害があるものがあります。

全ての薬は肝臓に負担が掛かります。

身近にある薬にでさえ副作用はあるのです。

 

 では、病院で投与される薬はどうでしょうか?

世界初の抗生物質、夢の薬と言われ多くの感染症患者を助けて来ましたが、

ペニシリンショックという致死性の副作用があります。

良い薬も多くありますが、投与量を間違え、死亡事故が絶えません。

 

 多くの方が疑問を持っていると思われる、抗がん剤。

いろいろな種類があり、最近では標的遺伝子、免疫療法等の新しいものもありますが、

一般的には放射線と抗がん剤投与です。

効く人もいますので一概には言えないのですが、放射線はご存知のように発がん性があります。抗がん剤は金属由来のものが多く、古くは鉄を使った5FU、プラチナのシスプラチン。分子標的薬のハーセプチンと多くありますが、副作用も多く強く出る方もいますし、効かなく副作用の強い人もいます。そこで開発されたのが、免疫療法です。一歩進んだ療法で、人が持つ本来の免疫を使います。しかしここでも、副作用が報告されています。

 

私たちもサロンにて多くの薬を使います、それらにも作用・副作用はあります。

お客様のためにも正しい知識で施術に当たりたいですね。

 

 

 

SBCP 顧問医学博士(Dr Yuri)による

美容師に必要な知識をつける

店販マイスターセミナー

 

 

【神戸開催】

〈日時〉

2019年8月19日(月) 10:00 ~ 17:00

〈会場〉

TICK-TOCK torwest

兵庫県神戸市中央区北長狭通3-12-10-2F

 

 

【中部開催】

〈日時〉

2019年9月2日(月) 10:00 ~ 17:00

〈会場〉

オルバースビルディング名古屋

愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目19-27オルバースビルディング名古屋 2階セミナールーム2B

 

 

【福岡開催】

〈日時〉

2019年9月30日(月) 10:00 ~ 17:00

〈会場〉

博多B&R大会議室

福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目9-5チサンマンション第一博多706号室

 

 

【東京開催】

〈日時〉

2019年10月15日(火) 10:00 ~ 17:00

〈会場〉

ログズビルスタジオ(株式会社ニューカネノ)

東京都中央区日本橋横山町7-14 ログズビル5階

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事