SBCP+の解説
最新論文より
店販セミナーに向けて

https://www.sbcp.jp/mist

 

従来のSBCPの特徴成分コハク酸
働きはヒアルロン酸合成酵素の分泌
それにより肌の水分保持が高まります
EGFの分泌も高まり、ターンオーバーの恒常性が保たれます。
水分が上がると、皮脂の分泌が減ることが分かっています。

 

 

 

肌の脂肪分泌が多いと炎症を引き起こします

 

 

 

さらに脂肪分泌を抑えることにより、炎症が抑えられ脱毛が減ります。

 


 

 

SBCP+はヒアルロン酸を増やし、肌の水分量を上げ、脂肪の分泌を減らし、

植物エキスで炎症を抑えることに加え、フルボ酸の働きで脱毛等の肌障害を

軽減することが期待できます。

これから始まる店販セミナーにて詳しくお話しいたします。


皆さんにお会い出来ることを楽しみにしています。

 

〈店販マイスターセミナー〉

神戸4月15日(月)  22名SOLDOUT!

名古屋4月22日(月) 22名SOLDOUT!

福岡5月20日(月)  空きあり

東京5月28日(火) 空きあり
事務局までお問い合わせください。

 

 

https://www.sbcp.jp/store

 

 

Hair and make-up scientist

SBCS  顧問医学博士                  Dr Yuri

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事