フムスエキス(フルボ酸)について。

December 23, 2018

Dr Yuri の成分解説2

 

 

 


文章でお伝えすることは難しいのですが、なるべく簡単に説明します。

詳しくはセミナーにて解説いたしますので、皆様の参加お待ちしております。

 

フムスエキス(フルボ酸)について。

 

PUT ON MAGIC, SBCP等に配合されているフムスエキス。

https://www.sbcp.jp/mist

 

 

前回の小顔効果にも言えることですが、複数のミネラル、エキスの相互作用によってなりたっています。フムスエキスも同様に、多くのミネラル、アミノ酸、酵素の働きによる効果が期待されます。


小顔効果を支える、デトックスにはフルボ酸のキレート効果が必要で、老廃物を排出、有効成分を浸透させるのも、フルボ酸のキレート効果です。カニの鋏のように物質を挟み込み、水分を媒介し運搬します。また、この時に重要なのは、肌に浸透させることなのです。

 

「フルボ酸」は「フミン質(腐植物質)」と呼ばれる天然ポリフェノールの一種です。 フミン質は、水に対する溶けやすさの違いから3種類に分類されます。 分子が非常に大きく水に溶けない「ヒューミン」、分子が比較的大きくアルカリ性の水には溶けますが、酸性の水では沈殿する「フミン酸」、そして分子が小さく酸性の水でも沈殿しない水溶性の高い「フルボ酸」です。当社のフムスエキスは、水に溶け難いヒューミンやフミン酸成分をほとんど含ない、「水に溶けるフルボ酸」で構成されています。 そのために肌になじみがよく、近年の研究により、抗酸化作用や保湿効果、抗炎症作用、ミネラル輸送作用など、様々な機能のあることが明らかとなってきました。



 3分パーマ、時短毛染めの鍵となる成分も含まれています。

カット前より、MIST を塗布するために、水だけの時よりも膨潤効果が高くなっています。

MIST 全体のPh は7、中性ですが、フムスエキスに含まれるアルカリ成分により膨潤が進み、パーマ、カラーの時短効果が生まれます。代表的なのはアルギニンです。
詳しくは書けませんが、ブリーチ後の酸化緩和にも使用でき、ダブルカラーの効率を上げることもできます。

 

ステップボーンカットを支えるMIST, カットの間にも、トリートメント効果を発揮し、その後のWAVE, COLOUR にも良い影響を与えます。
もちろんお客様のホームケアでは、髪のみならずお肌のケアも含めトータルにサポートします。

 

 

 

 

皆様の質問お待ちしております

https://www.sbcp.jp/store

 

次回は植物エキスを予定しています。

 

                              SBCS    Dr Yuri

Share on Facebook