作用は少なくして三系統それぞれ時間的に差がある、

 

一つ目、12種の植物エキスの多くは血行促進、抗炎症効果や抗菌効果、保湿、収れん作用 を有しており、細胞単位で傷つき、浮腫の発生した皮膚において、血行により浮腫の解消(高濃度有害物溶液の脱水)と入れ替わりの保湿(細胞間)、収れん効果(余分な細胞間脱水)、抗炎症(腫れの解消)と続きます。血行促進作用がきっかけになりますが、作用時間は数秒〜と即効性に優れます。その後は殺菌効果による表皮の健康維持作用で、アトピー性皮膚炎等から保護され、炎症などの腫れを防ぎます。

 

汚水抜く >>> きれいな水分 >>> 余った空間の引き締め >>> 腫れの解消=

細胞が多く腫れ、垂れた頬は持ち上がり、皮膚の薄い顎のラインは引き締まる。

 

二つ目、続いて環境の整った細胞は、恒常性を取り戻し、コハクエキスにより、ヒアルロン酸合成酵素を細胞外マトリックスに放出し水分を保ち膨らみ瑞々しさを保ち肌はより持ち上がってきます。

 

三つ目、HB-EGFの分泌が始まり皮膚の再生を正常化し、肌全体の健康が保たれ、細胞単位の小さな傷に始まる、浮腫等の悪影響の再発を防ぎます。この二つの細胞内効果は植物エキスより遅れて起こります、この時間差が、環境を整えるために必要で、恒久的な作用の元になっています。

 

 

 

References

 

  •   J. Invest. Dermatol., 118, 43-48 (2002).

  •  Biosci. Biotechnol. Biochem., 77, 1282-1286 (2013).

  •   Skin Pharmacol. Physiol., 17, 77-83 (2004).

Journal of Investigative Dermatology (2016) 136,2192e2200; doi:10.1016/j.jid.2016.05.127

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事