SBCPの小顔効果はアンチエイジングに繋がっていく



SBCPは“小顔コスメ”という特徴を持っています。

が、どんな成分がどういう原理で小顔にするのかを突き詰めて考えていくと、アンチエイジングという単語が浮かびます。

若年齢層の肌にはハリがあって水分もあってたるんでいないのに対して、ある程度の年齢に差し掛かるとどうしてもたるみ始めます。

皮膚細胞の中の水分やハリを担う成分が減っていくからです。

ハリを担う成分として知られているのはヒアルロン酸やコラーゲンやエラスチンなど。

太っているからたるむわけでも、何もケアをしていないからたるむわけでもなく、人間が歳をとる限りはたるむのが当然と言えます。

歳と共にたるむことは当然ではあるものの、たるんでいると老けて見えます。

小顔コスメとして知られるSBCPのシリーズには、たるみを改善するという小顔効果があります。

たるんでいると老けて見えるなら、たるんでいないほうが老け見えしないはずです。

ゆえに、SBCPの小顔効果はアンチエイジングに繋がります。



コハクエキスがヒアルロン酸生成を促進


SBCPのアイテムすべてに共通して配合している生ミネラルのひとつがコハクエキスです。

コハクエキスのコハクとは、琥珀。

宝石の琥珀のことです。

宝石と言っても鉱石ではなく、太古の樹液が化石化した物ですから、植物由来の物になります。

種類が多い宝石の中でも植物由来の物は琥珀だけです。