開発者

牛尾  早百合   SAYURI USHIO

Hairdresser / Hair Make-Up Artist / Photographer
特許技術ステップボーンカット考案創始者
一般社団法人 日本小顔補正立体カット協会代表理事
株式会社TICK-TOCK founder  
 
世界を旅する直感型クリエイター

SAYURIは世界中の街角でモデルを発掘し、衣装調達・ヘアメイク・撮影までの全てを自ら行い、
現地のクリエイターとの出会いの中から独自のスタイルで作品を創作する。
その作品には、いつも天啓に似た直感的なひらめきで紡ぎ出した散文が添えられる。
2010年、幻想的な作品は一冊のART PHOTO BOOK「For Japanese Hairdressers〜日本の美容師たちへ」にまとめられ、世界6カ国13都市で発売された。
「日本の美容師たちへ 自信をもちなさい 日本の美容技術は世界最高水準だと 自負しなさい」
そのメッセージは未来へと放たれ、同じ未来を思い描いていながら離れ離れだった仲間達を結びつけ、歴史を大きく変えるような新しい冒険がはじまった。


未来思考デザイン実践家

6店舗のヘアサロンを展開するTICK-TOCKの代表でもあるSAYURIは、経営も美しいクリエイションととらえている。
経営者とクリエイターという一見、両極端に見える2つの側面を持つ経歴の中で、切磋琢磨して培ったクリエイティブな経営発想。
その実績は美容業界誌の掲載において枚挙にいとまがない。
そして異業種ビジネス界の注目も集めている。
SAYURIはいつも正直に未来に立って思考し、デザインし続ける。
人材の特性を見つめて活かす場合も、未来をイメージするからこそ、潜在能力までも最大限に引き出すことができる。
自分にも他人にも一切の制限を与えず、自由しなやかに輝き響き合う生き方は、美容師のみならず、
様々な分野の経営者や多くの働く女性達に勇気と希望を与え続けている。
100年先、千年先の未来を見通す、好奇心と勇気はSAYURIを次のステージへと導く。
「考えなくても全部つながってるの。すべてお見通し。安心してね」
SAYURIは宇宙の原理原則に従い、最善を重ね、目の前の課題を好奇心で楽しみながら、次々に問題を解決してゆく。
 

 
アジアの女性を世界一美しく

頭の形がいびつでコンプレックスの塊だった少女は、いつしか美容師になった。
引っ込み思案で、ひとり空想にふけることが大好きで漫画家になりたかった少女は、いつしかクリエイターになった。
SAYURIはひとりの職人として磨いた自らのカット技術を教育プログラムとして完成させた。
平面的な東洋人の骨格を立体的な西洋人の8等身バランスに整える
小顔補正立体カット技術「SBC ステップボーンカット」は、2013年に日本の特許を取得した(現在、欧米でも特許申請中)。
全国でSBCアカデミーが開講され、数多くの美容師がカットの持つ本来のクリエイティビティーに目覚めている。
かつてココ・シャネルはファッションで女性を抑圧から開放した。
SAYURI USHIOはヘアスタイルによって人々の髪とココロを解放する。
FOUNDER   
SAYURI USHIO
DOCTER 顧問医学博士
百合口 稔 
医学博士(再生医科学)
国立岐阜大学
遺伝子工学にて修士号の資格を取得。
医学部再生医科学専攻にて色素細胞の研究を開始。
医学部博士課程で医学博士(再生医科学)の学位取得。
学位論文、白髪の再発色について( Journal of Dermatological Science 掲載中)
​開発協力会社
●STEP BONE CUT ACADEMY
●一般社団法人日本小顔補正立体カット協会
●HAIR SALON TICK-TOCK
●STEP BONE CUT BROOKLYN, NY
関連プロダクツブランド
PUT ON MAGIC
環の鼓動 SAYURI USHIO
人生を変える髪の魔法